帆前掛けと図案文字,前掛けのオリジナルプリント、特注製作販売は専門工場にお任せください。

 

帆前掛けと図案文字

「書体見本」ではご紹介仕切れなかった、特注オーダー帆前掛け独特の図案文字について説明致します。


元々は家紋や屋号が多くプリント製作されていたため、オリジナル帆前掛けは極めて和的な雰囲気を持ちます。

そして色々とデザインを検討される中で、やはりレトロでアナログな書体の方が相性が良いと感じられるお客様が多いようです。

あまり耳慣れない言葉かもしれませんが、「図案文字」というものが特に帆前掛けの印刷デザイン制作では人気を博しております。

一文字だけ大きく「風」と書いても様になり、作成も比較的容易なので激安コストで仕立てることが可能です。

図案文字と帆前掛け

明治時代より長らく、デザインされた文字は「図案文字」と呼ばれて来ました。

その特徴として、文字の輪郭線がフリーハンドで作成されたように安定していないものが多く、極端なデフォルメと装飾が目立ちます。それは読みやすいように合理化された印刷文字を見なれた現代人からすると、無駄が多く野暮ったい反面、非常にノスタルジックな魅力に溢れるものです。

図案文字は主に広告、ポスターなどにプリントされ人目を引き付けるために利用されました。現代でも帆前掛けのデザインとして重宝されているのは、装飾性の他に実質的な宣伝力を源にしているのかもしれません。

明治時代は毛筆の図案文字が流行しましたが、大正時代からはアール・ヌーボーが流入し、より装飾の度合いが強くなっていきます。

カフェなどの洋風店舗様のユニフォームに採用されることが多い、個性的な書体です。

なぜ今、格安帆前掛けに図案文字なのか

図案文字のデザインには、機械では生み出せない人間的で有機的、そして懐かしい雰囲気が漂います。明治、大正の広告でもてはやされたその意匠は時代を経て、私達にまた違った新鮮味を与えてくれます。つい視線を向けてしまう魅力と、親しみやすさは現代のフレンドリーな飲食サービスに非常にマッチしており、ユニフォーム作成に是非お勧めしたい書体です。

 

お急ぎの方はお電話を!03-3350-8215まで

お問い合わせはお気軽に