帆前掛けの縛り方,前掛けのオリジナルプリント、特注製作販売は専門工場にお任せください。

 

帆前掛けの縛り方

オリジナル作成の激安帆前掛けは日本の伝統的な御衣の一つであり、その着方には、歴史の中で培われてきた「様式美」というものが存在します。

ひもの縛り方もユニフォームとして使う場合重要で、丁寧にきちんと結ばれたものは来店客からも好印象を抱かれます。

作業着だから、とにかく縛る、というのではスタッフのモデルとしても好ましくありません。加えて、綺麗に結ばれた特注オーダー帆前掛けを身に付けた方が、自ずとモチベーションも向上するのではないでしょうか。

こちらでは、激安作成販売後に役立つ「格安帆前掛けの縛り方」をご紹介します。

帆前かけを縛る方法

プリント製作帆前掛けのひもの縛り方は、袴と同じです。

基本的には一文字結びが多用されますが、慣れてきたら"十文字結び"や"結びきり"と呼ばれるものに挑戦してみても良いでしょう。凛々しい姿になるよう、色々と試してみて下さい。

≪一文字むすび≫
@ 板前さんなどがしている、最も一般的な印刷制作された帆前掛けの縛り方です。まず、左右のひもを均等に引っ張り腰に合わせます。
A 左側のひもを上に、右側のひもを下にしてX字に交差させます。
B 交差した根本は左手で押さえておき、上側のひもを裏から通して前に垂らします。
C 垂らされたひもの端ともう一方を左右に引っ張り、一重に縛ってて下さい。
D 左右のひもをもう一度交差させて、固く縛ります。※縦むすびにならないよう気を付けて下さい。
E 右側のひもの端を両手で持ち、ピンと伸ばします。端から10cmの間隔で3回内側に折って行くと束が出来ます。この束を横向きにして、中央のむすび目に重ねます。※畳んだ束の長さ、ひもの3倍の長さにするとバランスが良くなります。大きすぎると野暮ったい印象になるので注意します。
F 重ねた部分を右手で押さえながら、もう一方のひもをむすび目に2回ほど巻きつけます。
G 3回ほど巻きつけて、余りのひもが短くなってきたら帆前掛けとお腹の間に折り込んで完成です。
 

お急ぎの方はお電話を!03-3350-8215まで

お問い合わせはお気軽に