Photoshopデータ作成の注意事項,前掛けのオリジナルプリント、特注製作販売は専門工場にお任せください。

 

Photoshopデータ作成の注意事項

新規作成
■サイズ
単位が「pixl」などに設定されている場合は「mm」を選択してください。サイズは、帆前掛けのサイズより少し大きめに作成ゆとりをもたせておいた方が後の作業が行い易いでしょう。
■解像度
画像の解像度は原寸で300dpi以上を記入して下さい。その際、数値の単位が「pixel/inch」に設定されていることをご確認下さい。
もし、スキャニング画像やデジタルカメラなどで撮影したデータをコピーする場合は取り込む画像の元の解像度が低く画質の粗いデータですと、新規ファイルにコピー・貼付け(ペースト)をした上で拡大を行っても、画質が良くなるわけではありませんのでお気をつけ下さい。
解像度 画像
■カラーモード
画像のカラーモードを「CMYKカラー」に設定して下さい。「RGBカラー」が設定されたまま作成してしまいますと、印刷する時に画像の色をCMYKカラーに変換する作業が必要になり、その時に色が予期せぬ色でプリントされてしまいます。
レイヤーの結合
画像レイヤーが複数存在する場合はひとつのレイヤーに統合する必要があります。デザインが全て決まりましたら入稿用のデータを別途保存で作成してメニューバーの「レイヤー」→「画像を統合」をすることによりレイヤー非表示設定やロックなどによって、表示されなければならない部分が表示されるようになります。
上のメニューバーの「レイヤー」から「画像を統合」を選択して、実行します。画像を統合してからデザインの変更に手間がかかってしまうため、別名保存を行い、レイヤーを統合する前のデータと、統合した後のデータを2つご用意しておくことをお勧めします。
細い線(ヘアーライン)について
極端に細いラインをヘアーラインと呼んでおります。帆前掛けに関しては、ヘアーラインを使用しないで下さい。
最低3ミリないと染めの時点で潰れたり掠れてしまい、版自体が使用できなくなってしまう恐れもあります。ライン(線)は3mm以上で作成して下さい。
 

お客様製作例

お急ぎの方はお電話を!03-3350-8215まで

お問い合わせはお気軽に