Illustratorデータ作成の注意事項,前掛けのオリジナルプリント、特注製作販売は専門工場にお任せください。

 

Illustratorデータ作成の注意事項

アートボード
メニューバーにある「ファイル」をクリックして「新規」を選択しますと、新しくデータを作成することが出来ます。
その際にウィンドウが表示され、いくつか選択事項がありますがアートボードの大きさイコール作成する帆前掛けの原寸ではありませんので、どの数値でもかまいません。A4のサイズを選択していれば出力が必要な際に便利です。
カラーモード
新規作成の際にもうひとつ「カラーモード」を選択する項目があります。ココは「CMYKカラー」を選択して下さい。
「RGBカラー」にて作成しますと、仕上がりの色と画面上の色にズレが生じる可能性がございます。デザインが既に完成していて、カラーモードは確認したい時はメニューバーの「ファイル」から「ドキュメントのカラーモード」にて行えます。
スポットカラーのDICは使用しない
メニューバーの「ウィンドウ」から「スウォッチライブラリ」→「PANTONE」や「DIC」などのスポットカラーを選ぶことが出来るのですが、この「DIC」は弊社が色合わせに使用しているDICカラーチップとは色が若干ずれてしまいます。
このパレットから選んだ色をDICカラーとして指定しまいますと、モニター上で確認した色とは違ったイメージで仕上がってしまう恐れがありますのでこのスウォッチからは色を選択しないようにして下さい。
張り込みの画像は使用しない
基本的には完全デザインデータとして入稿する場合、写真データの貼り込みは行わないようにして下さい。
イラストレーターのベジェ曲線の通りに版をカットして作成する機械にかけますので、写真のデータの貼りこみがあると版を作成することが出来ません。弊社にて可能な範囲であれば修正することも可能ですが、イラストレーターデータ入稿であっても別途デザイン料金が発生します。
帆前掛けのサイズから内側10cm以内にデザインする
帆前掛けは硫化染めもシルク印刷も版を作成します。その版は生地からはみでるようなデザインがある場合は作成できませのでショート・ロング共に、帆前掛けのサイズより10cm内側にデザインして下さい。
デザイン領域 画像
細い線(ヘアライン)について
帆前掛けは、あまり細かい線ですと再現できない可能性がありますので線幅は原寸で3mm以上になるよう作成して下さい。
3mm以下の場合、モニター画面上では視認できていても染色の段階で擦れてしまったり潰れてしまったりする危険性がありますので、必ず3mm以上の線で作成してください。
文字のアウトライン化について
各パソコンやOSによって搭載されている(使用できる)フォントが異なりますのでお客様のパソコンにあっても弊社にはそのフォントがないことが多く、ほとんどのフォントは、お客様が指定して頂いたフォントと違うフォントに置き換わってしまいます。
そこで文字をベジェ曲線で構成されたオブジェクト(四角や丸などの形)として変化させる「文字のアウトライン化」とゆう作業を行うことによって他のパソコンでも文字が置換されることなくデータを開くことが出来るのです。文字のアウトラインの作業方法は以下の通りになります。
■ファイル内のすべてを選択
選択ツールで全てのオブジェクトをドラッグして、すべてを選択することもできますが、上メニューバーから「選択」→「すべてを選択」を実行して全てのオブジェクトを選択します。
文字のみ選択しても問題ないのですが、手間もかかり選択漏れの危険性がありますので全てを選択する方法が、よいでしょう。Macであれば[command]+[A]、Windowsであれば[Ctrl]+[A]でショートカットで全てを選択することも可能です。
■文字のアウトラインを作成する
全てのオブジェクトが選択されている状態のまま「上メニューバー」→「書式」または「文字」→「アウトライン作成」を選択します。(どこか違う場所でクリックしてしまうと選択が外れてしまいますのでご注意下さい)。
Macの場合[command]+[shift]+[O]でも行えますWindowsであれば[Ctrl]+[shift]+[O]です。
■確認方法
アウトライン化が行われますと、下記のようになります。
デザイン領域 画像
以上で文字のアウトライン化は完了です。
 

お客様製作例

お急ぎの方はお電話を!03-3350-8215まで

お問い合わせはお気軽に